知らないと損!ローンが残った車を廃車して得をする

「新しいクルマがほしい!」
「走行距離も多いし、不具合も出てきたから車を売りたいな…」

でも、ローンが残ってる…!

そんな時、困ってしまいますよね。

ローンが残った車の処分

この記事では、ローンが残った車の処分で悩んでいる人のために、できるだけわかりやすくお話ししていきます。これを読んで、ぜひ1円でも高く車を売ってください1

ローンが残っている車を処分するために必要なこと

まずはこれを確認!「車の所有権」

これを読んでくれているあなたは、「車のローンが残っているけど、なんとか上手く処分したい人」だと思います。きっと、いろんな不安や心配がありますよね。でも、大丈夫です。ひとつずつ問題を解決していけば、「ローンが残っている車」をキレイに片付けることができます。

まず最初にやるべきこと。それは…「車検証の所有者欄の確認」です。「所有者の氏名又は名称」と書かれている欄を見てください。

所有者が自分

車を自由に処分してOK! 車を売っても、廃車にしても大丈夫。

所有者がクレジット会社・ディーラー(自動車販売会社)

勝手に車を処分してはダメ! 売るのも、廃車にするのも無理です。

車の所有権は自分か、クレジット会社やディーラーか

車をローンで買う場合は、何か担保が必要です。万が一、ローンが払えないなどのトラブルや不利益が生じた場合に、クレジット会社やディーラーは保証がないと困ってしまいます。このケースでは、それが車の所有権です。

所有者がクレジット会社・ディーラー(自動車販売会社)ということは、「この車は、あなたの持ち物ではない。◯◯会社の持ち物だ」という証明です。これを、所有権留保ともいいます。

※ローンでの購入でも、所有者名義があなた(購入者)になっていることがあります(金額が100万円以下の少ない場合など)。この場合は、ローンが残っていても売ることができます。
もちろん、完済・精算しない限りは、車を売ったり廃車した後にも、ローンの支払い義務は残ります。

車を売りたい人が、所有権留保を解除してもらうには?

車を自由に処分するには、所有権留保を解除してもらう必要があります。そのためには、ローンを完済して、すべて払い終わっていることが条件です。

車の所有権を解除してもらう

【注意】

ローンが終わったら自動的に所有権留保が解除されるわけではありません。自分から、所有者であるクレジット会社・ディーラー(自動車販売会社)に「所有権を解除してほしい」と希望を伝えましょう。

1 カード会社・ディーラー(自動車販売会社)に連絡すると、手続きの流れや方法、必要な書類などを教えてくれます。必要書類を揃えて郵送しましょう。

提出した書類に問題がなければ、会社側からも譲渡証明書や委任状などの書類が送られてきます。

必要書類の例 (※必要書類は、クレジット会社・ディーラー(自動車販売会社)によって異なります)

【自分で用意して、クレジット会社・ディーラーに送る書類】
  • 印鑑証明書
  • 車検証のコピー
  • 自動車税の納税証明証のコピー
  • 住民票(住所が変わっている場合)
  • ローンの完済証明書
【クレジット会社・ディーラーから送られてくる書類】
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 承諾書

2 送られてきた必要書類を持って、陸運局に行きましょう!

以上が、所有権留保の解除を自分でやる手続き方法です。

ローンが残っているけど、所有権を解除したい場合。車を売りたい、処分したい場合はどうすればいいのでしょうか? それをこれからご説明していきます。

ローン完済できないけれど所有権を解除して車を売りたい

残ったローンを処理するには…

ローンが残っていて、所有権が自分になく、クレジット会社やディーラー(自動車販売会社)にある。でも、完済するのが難しい。その場合、車の処分をするには、以下の方法が考えられます。

クレジット会社やディーラーに交渉する

ローンの完済が難しい場合は、クレジット会社やディーラに交渉してみましょう。会社によっては、ローン完済を条件に、所有権を解除してくれるかもしれません。
事故にあった場合なども、交渉してみる価値はあります。

次に購入する車のローンに組み入れる

 残ったローンを、次に購入する車のローンに組み入れてもらう方法です。新しいローンとして支払うことになります。ただし、そのためには今の車を下取りしてもらう必要があります。とくに事故車、故障車、走行距離が多い車などは、下取り自体が難しいでしょう。 下取り査定額が低いほど、ローンの残り金額も大きくなってしまいます。

また、前の車のローンを組み入れる場合、新車の低金利ローンが使えないことがあります。そのため、この方法は、かなりハードルが高く、あなたにとって不利になる確率が高い方法です。

ローンをすべて払う(一括で精算)

 現金で残額を支払います。貯金がある場合は貯金を使ったりして、一括で精算します。もちろん金利もなくなるので、気持よく車を処分することができます。

廃車買取業者に査定してもらう

廃車買取業者に査定をしてもらい、査定結果によって車を売却することができます。

ローン残額よりも、車の買取金額が大きい
ローン残額10万<買取金額15万

→差額の5万円を受け取ることができます!

ローン残額よりも、車の買取金額が少ない
ローン残額10万>買取金額5万

→差額の5万円を支払い、ローンを完済しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。 ローンが残っている車を処分する時は、適切な方法、注意点などを知っていることが大切です。 基本的には、やはりローンを完済して、所有権を自分にすることが必要です。

・まずは「所有権」を確認する
・ローンを完済して「所有権」の解除をする
・下取りしてもらい、次に購入する車のローンに上乗せする(※リスク高い!)
・廃車買取業者に車をなるべく高く売り、ローンを払う

人によって、さまざまな状況があると思います。下取りしてローンの組み入れもひとつの手段です。ただ、ローンが大きくなることは、リスクが高く、生活に支障をきたす恐れもあります。そのために、ぜひ計画的に、ローンを完済してから車を売りましょう!

「下取査定」では、ディーラーから新車を買うことを条件に、今の車を処分してもらいます。もし、新車をそのディーラー以外で買いたい場合は、無理をしてそのディーラーに下取りしてもらうことになります。
「まあ、仕方ないか」と思って手続きすると、満足のいく廃車処分はできません。後から後悔する可能性も高いです。

ローンを完済して、車を1円でも高く売るために

ローンを完済したら、1円でも高く買い取ってくれる業者を見つける必要があります。 その時、廃車買取業者もたくさんありますが、高く買い取ってもらえる条件が2つあります。

1つは「自社で廃車解体工場を持っている」
2つは「車の部品やパーツをリサイクル資源として買い取ってくれる」

ネット上の一括査定や廃車買取業者のなかには、仲介業者も多いんですよね。そういう業者に買取を頼むと、中間マージンを取られてしまうので、買取金額が減ってしまいます。

みんなの廃車工場は、全国42拠点の解体工場で、毎日廃車を買い取ってリサイクルしています。廃車するには、役所に出すいろんな書類の準備、車体の引取り、自動車税・重量税などの還付など、かなり手間のかかるメンドウな手続きがたくさんあります。でも、みんなの廃車工場に買い取ってもらえば、この手続も全部無料で引き受けてくれるんです。
戻ってくる税金は、買取金額に上乗せされます。ローンがもっと減りますね!

面倒な廃車手続きは、無料で引き受けます

もし、車が故障していたり、キズがあったり、走行距離が10万キロを超えていても、買い取ってくれます。車のパーツ・部品をリサイクル資源として活用しているので、どんな車でも買い取ってくれるのです。

ローンが残っている車を、1円でも高く売りたい方は、みんなの廃車工場での無料買取り査定をおすすめします。

この記事が良いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

シェアする ツイートする