10万キロ超え・過走行車を1円でも高く売りたいなら

10万キロ以上走った車、走行距離の多い車を処分する。これ、けっこう悩ましい問題ですよね。

ディーラーや中古車販売業者、近所の整備工場などに持ち込むと、

「値段はつきません。査定額はゼロです」
「この走行距離だと、廃車費用は2万円になります」

年季の入った雰囲気の、過走行車のイラスト

こんな風に言われるのが現実です。

「やはり、これだけ走ったら、価値はないのかな」
そんな風に諦めてしまう前に、もう1つだけ試していただきたい方法があります。

それは、「リサイクル資源として車を買い取る廃車業者への査定依頼」です。

実は車というものは、そんなに簡単に価値がゼロにはならないんです。キズがあったり、使用年数や走行距離が多くても、価値はある。ただ、そのことを知っている人が少ないんですね。走行距離の多い車は、「査定ゼロ」「処分費用の数万円がかかる」のが常識だと思われている。

でも、待ってください。
査定をお願いする相手を変えるだけで、たとえ10万キロ超えの車でも「売れる」可能性があるんです。
あなたが長い間乗ってきた愛車、せっかくなら少しでも高い価値をつけて、「売りたい」ですよね!?

これから、その方法をご紹介していきます。
間違った方法を選ばないために、注意すべきポイントも合わせてお話させていただきます。
走行距離の多い車の処分で悩んでる方は、ぜひお役立てください!

いくらで売れるのか、廃車買取の査定額を知りたい方はこちら

ディーラー/中古車販売業者は「マイナス査定」だからゼロになる

ディーラーや中古車販売業者では、なぜ査定がゼロ円になったり、「処分費用がかかる」と言われるのでしょうか。
その理由は、下取り査定のシステムにあります。

車の下取り価格は、車両の価格から「内装や外装のキズ・凹み・汚れ」「修理歴の有無」「タイヤの消耗具合」「走行距離」「年式」など細かく消化して、点数を引いて値付けします。

つまり、価値を引いていく=減点・マイナスしていく査定方法です。

10万キロを超えると、タイミングベルトや消耗品の交換など、修理の手間も多くなります。もし持ち主がメンテナンスや整備をしていれば、減点は少なくなります。でも逆に、修理やメンテナンスをしていなければ、その分査定金額が安くなってしまうのです。とはいえ、修理しようとしても、当然数万円の修理費用がかかってしまいますよね。
例)10年が寿命と言われるタイミングベルトの交換費用は、2万〜5万円程度。

走行距離は、「1年間で1万km」がひとつの目安です。 この「年間1万km」というのは、一般財団法人日本自動車査定協会によって定められた基準です。例えば、5年で3万kmは「短い」、5年で7万kmは「長い」と判断されるということですね。ただ、中古車の場合は、人気の車種や色によって、相場(=査定額)が変わります。そのためこの基準もあくまでも1つの判断要素でしかありません。

「10万キロ超えの車は故障が多い(または将来多くなる)」という査定判断なので、どうしても中古車としての査定額は下がります。実際には、現在の車のエンジンや性能は10万キロを超えても、そう簡単には壊れません。海外では、20万〜30万キロ以上走る車も普通です。しかし、日本で中古車としての価値は、依然として「10万キロ超え」=「過走行車」がひとつの大きな査定の基準になっているのです。

ディーラーや中古車販売業者に頼むと損をする可能性は、「税金還付」にもあります。
彼らはあなたの車を査定0円や数万円払ってもらって引き取ります。その後に、自動車税や重量税などの税金の還付金を、自分たちで「手続き費用」として受け取っているところが多いんです。あなたの車の「価値」=お金が、他の人に渡っている状態ですね。

ディーラーのスタッフが「処分料2万円です」と持ち主に言っているイラスト。残念そうな持ち主と車 「自動税」「重量税」「自賠責保険」が過走行車から飛んで逃げていってるイラスト

10万キロ超えの車や、多走行車(5万キロ以上)、過走行車(10万キロ以上)は、いろいろな意味で「中古車」としての価値がつくのは難しい…。そのことが、おわかりいただけたかと思います。

ネットオークションや個人間での売買はキケン!

ディーラーや中古車販売業者、整備工場がダメだった場合、「オークションでなら売れるかも!」と考える人がいます。個人間での売買ですね。

たしかに、仲介業者を通さなければ、中間マージンもかかりません。「あなたの言い値」で売れる可能性があります。
ただし!これは、オススメできません。売る相手が友人や知り合いでも、ちょと危ないです。

理由1 過走行車は、故障やトラブルのリスクが高い。
理由2 名義変更等を含め、アフターケアなどの必要性がゼロではない。
理由3 友人・知人の場合、今後の関係性にヒビが入るかもしれない

個人のあいだで車を売買すると、名義変更が必要になります。また、自動車税・重量税・自賠責保険の還付手続きも、当然しなくてはいけません。
それらの手続きを問題なくするだけでも一手間です。さらに、もしも所有者名義が違ったり、税金の滞納などがあれば、容易にトラブルになってしまいます。

車関係の手続きにあまり詳しくない人同士だと、このような手続きの途中で、何らかのトラブルに発展する可能性があります。

また、友人・知人とのお金のやりとりが発生するだけで、人間関係のリスクが生まれます。支払い方法も交渉しなくてはいけません。その支払いがスムーズに完了する保証もありません。友人だからこそのあいまいな「サービス」や「甘え」みたいなものも出てくる可能性もあり、やっかいです。

もし、売った後に、エンジンの故障が起きたらどうしますか?
エアコンの効きが悪くなったら…?

相手が不満を抱かない保証は、ありませんよね。
「過走行車なので故障のリスクが高い」
お互いにそのことを納得した上でも、もし故障やトラブルが起きたら、やはりヒビが入る可能性はあると思いませんか?

ネットオークションで知らない人に売る場合でも、リスクは同じか、それ以上だと考えておくのが賢明です。

人と人の間で、お金のやり取りが生まれるイメージのイラスト

走行距離の多い車を、1円でも高く売る方法

ディーラーや中古車の査定は、どうやっても厳しい…。
個人での売買も、大きなリスクがある…。

でも、そこで諦めないことが大事です!
1円でも高く売るための方法を見つけましょう。

最初に申し上げたように、「リサイクル資源として車を買い取る廃車業者」に査定をしてもらえば、買い取ってもらえる可能性があります。

そのような廃車買取り業者(工場)は、車の部品やパーツひとつひとつをリサイクル資源として買い取って、海外などに売ります。
車をスクラップ(解体)して、使えるパーツは中古部品として、それ以外の部分も鉄・レアメタルなどの金属素材として売るのです。独自の販売ルートを使って、部品や金属素材を売り、利益を出しています。

車は数万点の部品で構成されています。 たとえば、エンジンに不調があったとします。でも、他のパーツが使えたり、金属素材として売れるのであれば、価値が付くんですね!ただし、廃車買取業者も、適切なところを選ぶ必要があります。

過走行車を部品やパーツとしてリサイクルするイメージ図

  • 自社で廃車を解体できる、認可のある工場を持っている
  • リサイクル資源として車(のパーツ)を買い取る
  • 自動車税・重量税・自賠責保険などの税金関係も、きちんと還付してくれる
  • 陸運局などでの廃車手続きを、無料で代行してくれる

この条件が揃っている廃車買取り業者であれば、買取金額が付く可能性が高いです。

車をリサイクル資源として扱う廃車業者は、「10万キロ超え」などの過走行車にも、思っても見なかった高い価値をつけてくれる存在です。

リサイクル資源として過走行車を買い取る廃車工場で、無料査定をする

許認可のリサイクル工場の廃車買取について、知りたい方はこちら

この記事が良いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

シェアする ツイートする
タイミングベルト交換の、意外なリスクとは?費用や注意点まとめ
タイミングベルトの交換、意外なリスクをご存知ですか? 費用、交換のタイミング、整備場所などをまとめました。ベルトを交換せずに「得をする」方法もご紹介。 
発見!傷の多い車をできるだけ高く買い取ってもらう方法
傷の多い車は、中古の下取り、修理、廃車、どれが良い処分方法なのか? 傷の多い車の処分でお悩みの方、これを読めば解決します。 
自動車を廃車にするには?廃車Q&A
「自動車を廃車にするには、どうしたらいいの?」初めて廃車する人のための、よくある質問をまとめました。「そもそも廃車って何?」「いくらかかるの?」「具体的にはどうすればいいの」などのギモンにお答えします。