タイミングベルトが切れた! 修理せずにお金を得る方法

タイミングベルトが切れてしまった

車のエンジンを制御している大切な部品、タイミングベルト。

このタイミングベルトが切れてしまったら、大変です。
エンジンの故障になってしまうので、車が動かなくなります。

走行距離の多い車でタイミングベルトの交換を勧められるのは、こんな理由があります。

  • ・修理費用が、20万円くらいかかるかも…
  • エンジンを交換しないといけないかも…
  • 車を処分したほうがいいのかな…

このページを読んでくれているあなたも、タイミングベルトが切れて、修理するべきか?処分するか?買い換えるべきか? 考えて迷っていると思います。

この記事では、タイミングベルトが切れてしまった人に向けて、修理費用や、その後にとるべき行動や対処方法をまとめて紹介していきます。

お得な廃車方法のコツも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください!

タイミングベルトが切れた車がいくらで売れるか、廃車買取り査定額を知りたい方はこちらで申込をどうぞ

タイミングベルトが切れたら、修理費用はいくら?

1 エンジン内部で部品が衝突し合い、壊れてしまった場合

タイミングベルトが切れてしまうと、ピストンの上下運動とバルブの開閉運動のタイミングがずれてしまいます。そうなると、エンジンの中で、ピストンやバルブなどの部品がぶつかり合い、壊れてしまいます。

これは「バルブクラッシュ」と言われる故障です。

バルブクラッシュの様子

ダメになった部品にもよりますが、修理費用は20〜30万円、それ以上になることが多いです。たとえば、こんな修理作業が必要になります。

・エンジンの着脱、乗せ換え(交換)
・壊れた部品(アーム、バルブ、スプリング、ピストン、その他いろいろ)の修理・交換

交換する部品代(新品か中古かでも異なる)に、修理工賃を合わせると、かなり痛い出費になります。

2 タイミングベルトの交換のみ

この場合は、3万〜5万くらいの相場になります。

タイミングベルト交換の費用や注意点について知りたい方はこちら

タイミングベルトが切れたら修理、交換、廃車?

10万キロを超えている車は、他の部分もいろいろとガタがきています。
タイミングベルトを修理しても、エンジンを乗り換えても、他のパーツが壊れる可能性は高いんですよね。残念ながら、それが事実です。

数十万円だして修理して、また車が故障したら…出費がどんどん増えてしまいます。

とはいえ、走行距離の多い車には、それだけ愛着もありますよね。
長い間、乗り続けてきた車です。
車検がまだ残っている場合は「車検まで乗り続けたい」と思う人もいるでしょう。

  • ・車に愛着がある
  • ・次の車検まで乗り潰したい
  • ・動く限り、乗り続けたい

こんな想いの方は、タイミングベルトやエンジンを交換して、乗り続けるのもありだと思います。

一方、より現実的に考えて、

・10万円以上、20〜30万円の修理代をかけて直しても、また壊れる可能性があるし、処分も検討している。

こんな人もいると思います。

修理するか、廃車にするか悩む

廃車にして、新車(中古車)に買い換えるのも、現実的な判断ですね。とはいえ、

  • 「廃車は手続きが面倒
  • 「廃車処分するのに、レッカー引き取りなどの費用がかかってしまうのでは?」
  • 「タイミングベルトが切れた車は、価値も低く、処分に余計な費用もかかるのでは?」

廃車に関しては、みなさんこのような疑問を持たれているのではないでしょうか。

でも、じつは、良い廃車買取業者を選べば、廃車することにはメリットがあります。

「正しく」廃車にすると、例えば、車検残存分の自動車税も戻ってきます!

どうせなら、お得な廃車をしたいですよね。
これから、正しい廃車買取り業者の選び方をご説明いたします。

タイミングベルトが切れた車を廃車にして、お金を手に入れる方法

廃車にして得した

タイミングベルトが切れてしまうと、中古車としての価値は、無きに等しくなります。
ディーラーや中古車販売業者に持って行っても、処分費用をとられて終わりです。

まちがった廃車買取業者に頼んでも、同じ結果になってしまいます。
タイミングベルトが切れた車を廃車で「売る」ためには…廃車業者選びで全てが決まります。

選び方のポイントは、この3つです。

  • 1 自社の廃車工場を持っている
  • 2 車の部品やパーツを、リサイクル・リユース資源として活用している
  • 3 廃車手続き・引取り、税金還付を無料でしてくれる

です。

まず、1が大切な理由から…。

中間マージンが無いから、買取金額も高くなる

廃車買取業者の中にも、「仲介業者」として買い取りしてる業者がたくさんいます。ネット上の一括査定サイトなどにも、仲介買取業者は含まれています。そのような業者に依頼すると、自分たちでは廃車にできないため、許認可の有る廃車工場に廃車を依頼します。その時に仲介料=中間マージンが発生するので、その分廃車の買取金額が低くなってしまいます。 だから、許認可のある廃車工場を持つ業者に依頼するのがコツです。余分なマージンがない直取引なので、他より高い金額で買い取ってもらえるのです。

次に、2つ目のポイントをご説明します…。

故障した車、動かない車にも価値が付く

たとえタイミングベルトが壊れても、エンジンが動かなくても、あなたの車に高い価値を付けてくれる廃車買取り業者がいます。車を解体して、部品ごとに海外に輸出したり、マーケットに売って利益を得ている業者です。車のパーツ毎に値付けをするので、壊れてしまったエンジン以外の部分にも、きちんと値段をつけてくれます。だから、タイミングベルトが切れてしまった車でも、売れるのです!

最後に3つめのポイントを。

面倒な手続きは全部おまかせでOK

自分で廃車にする場合や、ディーラーや中古車販売業者に廃車を依頼する場合は、手続料金、車の引き取り料金などが発生します。処分するための費用がかかってしまうのですね。

でも、1と2の条件が揃っている業者であれば、余分なマージンをとらず、あなたの車には価値があると判断してくれます。つまり、タイミングベルトが壊れた車も大事な商品なので、廃車手続きやレッカー引取なども無料で(丁寧に)してくれます。 さらに、仲介業者やディーラーはやってくれないことの多い自動車税や重量税などの還付手続きも、きちんとしてくれます。

以上の3つの条件を満たしている「みんなの廃車工場」は、事故車や動かない車の買取にたくさんの実績があります。
なので、タイミングベルトが切れた車の廃車買取りにも、とてもオススメです。

故障した車にも、高い価値を付けてくれますよ。無料の廃車買取り査定は1分で終わるので、タイミングベルトが切れた車の処分でお悩みの方は、一度試してみることをオススメします!

思ってもみなかった金額で売れるかもしれませんよ。

この記事が良いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

廃車Q&A
「自動車を廃車にするには、どうしたらいいの?」初めて廃車する人のための、よくある質問をまとめました。「そもそも廃車って何?」「いくらかかるの?」「具体的にはどうすればいいの」などのギモンにお答えします。
車の故障で困る男性イラスト
車のエンジンが壊れたら、乗せ換えか、処分=廃車か?それぞれのメリットとデメリットを紹介します。また、お得に処分できる方法も。できるだけ費用をかけたくない人、必見だと思います