車検切れの不動車を、法的なトラブルなく100%安心して処分する

レッカーで引き取られる車

車検切れの車、処分の費用と手間が心配…そんなあなたに

「車検が切れて1年の、動かない車が自宅にある。どう処分しよう?」
「車検切れになった車は、自動車税や自賠責保険は、どうなっているんだろう?」
「法律的なトラブルは嫌だな…。安心して処分したい」

車検切れの不動車(動かない車)をお持ちのあなたは、こんな風に悩んでいませんか?

「車検が切れて1年の、動かない車が自宅にある。どう処分しよう?」 男性が「自動車税」「自賠責保険」で思い悩んでいるイラスト

このページでは、車検切れの不動車の処分について、ご説明します。

税金や保険など必要な法的な手続きを全て解決して、トラブルなく車体を処分するにはどうしたら良いか? どの方法が一番お得で、手間もかからないのか?
その答えをご用意しました。

「放置してある動かないボロい車なんて、売れないよ」
「車検切れてるし、処分にけっこうお金がかかりそう」

そう思っているあなたにこそ、読んでいただきたいです。

これを読んでいただければ、その逆の「処分にお金がかからない」「きちんと売れる」方法がわかります。

ぜひ参考にしてください。

税金の手続きや、法的なトラブルを起こさないためには?

車検切れの車→「廃車=自動車税いらない」/「再車検=車検が切れてからの通算の自動車税発生」

車検切れの車で、自動車税の未納分がある車でも、廃車(抹消登録)はできます。 「自動車税」の課税対象は、車検の有効期限内の車だけです。車検が切れた時点で「課税保留」となり、納税通知書の発送も止まります。とはいえ、納税通知書の発送が止まっても、納税義務がなくなったわけではありません。ただ、自治体によっては支払わなくて良い地域もあるので、ご自身がお住いの役所に問い合わせてみましょう。

しばらく車検を受けないが、処分するまでに時間がある…。その場合は、一時抹消登録をしましょう。理由は、抹消登録をしないと、自動車税はかかり続けるからです。運輸局でナンバーを返納して、できるだけ早く抹消登録をしましょう。

もし、車検切れの期間が長い車は、早めに処分するのが賢明です。放っておく期間が長いほど、車が故障している確率は高くなり、処分にも不利になります。ただ、自分で車検切れの車を処分=抹消登録するのは、正直かなり大変です。解体業者に持ち込むだけでも、時間も手間、お金(1万円以上)もかかります。

もし、車検切れの車をお持ちで、処分に悩んでいるのであれば、みんなの廃車工場に買取ってもらうのがおすすめです。自宅まで無料でレッカー引き取りに来てくれます。面倒な書類の手続きも、おまかせで大丈夫なので、格段にラクです。自分で処分するとお金も時間もかかるのに、その逆でむしろお金をもらえるんです。見積りは無料なので、気軽に申し込んでみましょう。

みんなの廃車工場で無料の買取査定をする

自動車重量税は?

車検切れ、もしくは車検の残りが1か月未満の場合、自動車重量税の還付金はありません。
新たに車検を受ける場合は、2年間分の重量税が課されます。
逆に言えば、車検を受けない限り、自動車重量税は払う必要はありません。

自賠責保険は?

自賠責保険は、車検が切れたのとほぼ同時期(1ヶ月以内くらい)に切れることが多いです。
これは、自賠責保険に加入していないと車検に通らないため、車検と時期を合わせて加入するのが一般的だからです。仮ナンバーを取得する場合は必要になりますので、ご注意ください。

もし、車検切れの車を運転したらどうなる?

車検切れの車を運転した場合、「道路運送車輌法」違反になります。
「無車検車運行」で「違反6点(即、30日免許停止)」と「6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金」が課されます。

また車検切れの場合は、自賠責保険も切れている可能性が高いです。
その場合、「無保険者運行」で「違反6点」と「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」が課されます。

合わせて12点減点・90日免停・1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金です。
痛すぎますね。

そうならないために、以下の方法をご紹介します。
「車検切れの車を自分で動かして廃車したい」人は、ご参照ください。

自分で廃車処理したい! 車検切れの車を一時的に運転する方法は?

不動車を自分で廃車するには、解体が必要です。
そのためには、動かない車を引取にきてもらうか、仮ナンバーを取得して自分で持ち込む方法があります。
仮ナンバー(臨時運行許可証)を取得して、一時的に運転して工場に持ち込む場合の手続きは、以下をご参照ください。

必要な書類

必要な書類

・運転免許証
・印鑑
・自賠責保険証の原本(1ヶ月以上有効なもの)
・手数料(750円程度 ※市町村により異なる)
・次の書類のうち、どれか1つ
自動車検査証(車検証) / 譲渡証明書 / 抹消登録証明書 / 自動車通関証明書 / 登録事項証明書 / 予備検査証 / 軽自動車検査証返納証明書 / 自動車保管場所証明)

以上の書類を持って、役所(区役所・市役所など)で「自動車臨時運行許可申請書」を記入して提出します。
その場ですぐに仮ナンバーを発行してくれます。

【注意ポイント】
仮ナンバーの貸出期間は、申請日を含め3日間!期間を過ぎると違反になるので注意!
仮ナンバーを取得する場合、自賠責保険の証明書も必要になります。保険会社に連絡して、手続きをしておきましょう。

不動車を運ぶ裏ワザ「ロードサービス」

ロードサービス

自動車保険によっては、無料で使える「ロードサービス」が付いています。

ロードサービスとは、自動車の故障やトラブル時に助けてくれるサービスです。
これは、意外と知られていないのですが、ぜひあなたの自動車保険確かめてください。
付いている場合は、廃車する場所までの距離を計算してみましょう。Google Mapを使えば、現在地:自宅→目的地:指定場所にすれば、距離が出ます。
あなたの保険会社のサービスの距離以内であれば無料で運べるので、保険会社に依頼しましょう!

JAF会員の方は、15km以内であれば無料なので使いましょう。
保険会社のサービスもなく、JAFの会員でもない人は、引取ってもらうしかありません。

その場合、おおよそ下記の料金がかかります。

ディーラー・中古車販売業者 1〜2万
解体・スクラップ業者    2〜3万
けっこう痛い出費です。

ただ、優良な買取り業者であれば、無料で引き取ってくれます。
車をリサイクル資源として活用する買取業者にとっては、不動車であっても、部材は高く売れる価値ある商品だからです。

【!注意ポイント!】
▲ロードサービスを使っても、等級は下がらないので安心。
▲無料で移動できる距離、ガソリン代などは保険会社によって異なります。詳しいサービス内容は、契約している保険会社に確認。

ロードサービス比較表

仮ナンバーを取得するにしろ、ロードサービスを使って持ち込むにしろ、手間と時間はかかります。なお、行政書士に依頼する方法もありますが、数千円〜1万円の費用はかかるでしょう。

車検切れの車は、買い取ってもらうのが一番お得。手間もかからずラクで、トラブルもなし!

車検切れの不動車の処分について、説明させていただきました。いかがでしょうか?
ぜひ、あなたの納得の行く、好きな方法で処分してください。

結論としては、「車検切れの車でも問題なく処分できる」ということです。
ただし、できるだけ早く買い取ってもらう方が、査定金額も上がる可能性が高いのでお得です。

車検が切れて1ヶ月の車と、2年の車、あなたなら買い取る業者だとしたら、どっちの印象が良いですか? もちろん、1ヶ月の方ですよね。
車検が切れたり、動かなくなって何年も経っていると、「何かあるのかな?」「きちんと管理しない人なんだな、この車には他にも不具合がありそうだ」と疑問をもたれる可能性があります。悪い印象を持たれると、査定金額が下がってしまうでしょう。

廃車買取業者に車検切れの不動車が売れるのには、理由があります。
廃車買取業者は、海外でパーツや部品を売るからです。国内の公道を走るための車検という資格は関係ありません。
だから、高い車検の更新費用、面倒な手間をかけても、査定金額にプラスになることはありません。
車の査定金額は、毎月変わります。基本的には、古い車はどんどん価値が下がっていきます。だから、早めに買い取ってもらうのがお得です。

どこの買取業者に頼むのが安心?

買取業者も「ピンキリ」です。
「一番お得」で「リスクやトラブルが少ない」のは、適切な買取業者に、1円でも高く買い取ってもらうことです。

「でも、《適切な買取業者》って何?」と思いますよね。
買取業者もいろいろあるのですが、大切なポイントは、「許認可」「車をリサイクル資源として買い取る」です。
廃車するには、自治体からの許認可が必要です。廃車買取業者のなかでも、この「許認可」を持っている業者は限られた一部です。
許認可のない業者に依頼すると、結局はその業者が許認可の廃車工場に引き渡すので、その分の中間マージン分だけ、買取金額が低くなります。
それなら、最初から許認可のある廃車工場に頼むのがいちばんお得ですよね。

「引取無料」「手続き無料代行」「中間マージン無し」

許認可のある安心できるおすすめの廃車工場は、「みんなの廃車工場」です。
あなたの車検切れの不動車に、リユース・リサイクル部品としての価値をつけてくれて、買い取ってくれるのです。中間マージン分なしで、です。
もちろん「引取り無料」「手続きも無料で代行」です。
車検切れの車でも、面倒な手続きは全て丸投げしてOKです。毎月100件以上廃車しているノウハウがあるので、きっちりとノーリスク・ノートラブルで処分できます。

中間マージンなし
日本の車は、小さな部品・パーツに至るまで「最後までリサイクルできる高い価値」があり、世界の市場で高値で取引されています。許認可のある廃車工場こそ、その高い価値をいちばんよく知っていて、きちんと買い取ってくれる工場なんです。

処理にお金も手間もかからないどころか、お金が手に入るのです。

「みんなの廃車工場」で買取してもらうメリット6つ

  • 1 高額買取してくれる
  • 2 中間マージン無し
  • 3 引取り費用なし
  • 4 解体費用なし
  • 5 手続きの費用・時間・手間が節約できる
  • 6 許認可のある信頼できる工場

無料の買取査定は3分で終わります。あなたの車検切れの不動車の正しい価値、知りたくありませんか?

「車検切れの車」→「3分査定すると」→「正しい価値(お金のイラスト)でハッピー」→「人と車が笑顔のイラスト」

「みんなの廃車工場」で買取査定を依頼する

この記事が良いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

ベルトが切れて困ってる女性イラスト
タイミングベルトが切れた時に、あなたはどうしますか? 修理費用や対処方法、車の処分、買い替えについて書きました。さらに「修理しないでお金を手に入れる方法」もご紹介!
整備中のタイミングベルト
タイミングベルトの交換、意外なリスクをご存知ですか? 費用、交換のタイミング、整備場所などをまとめました。ベルトを交換せずに「得をする」方法もご紹介。